×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

色素沈着のニキビ跡治療の注意点

色素沈着のニキビ跡治療の注意点

やっかいな色素沈着のニキビ跡。
ニキビ自体は大抵の場合数日で治りますが、その跡のニキビあとは何ヶ月も、何年も消えないなんていうこともよくある話です。

 

ニキビ跡を治すときに、多くの人が取り組みガチなのがとにかく肌の新陳代謝を促そうとすることです。
そのなかでもよく行われるのがケミカルピーリングですが、これは安易に行うにはお奨めできない方法です。
まず赤みがある色素沈着の場合は、肌が、刺激を受けやすく細菌の増殖もおきやすい状態のことが多いので、
別の肌トラブルが起きてしまったり、更に悪化させてしまう可能性すらあります。

 

また赤紫のニキビ跡に関しては、基本的には自然の回復力に任せれば消えることが多いので、
変にケミカルピーリングで刺激を与えないほうが良い場合が多いのです。

 

最後に上記の赤みがあるニキビ跡や赤紫のニキビ跡の状態が終わったあとに、ときどき残ることがある茶褐色のニキビ跡ですが、
これは色素が残っているのではなく、色素がその部分に出続けているケースもあります。
この色素が出続けているケースのときに、ケミカルピーリングなどで新陳代謝を促すと、反対に色素の分泌までが活性化される可能性もあります。

 

なのでニキビ跡治療にケミカルピーリングは安易に行わず、信頼できる皮膚科や美容外科などを探して相談したほうが良いでしょう。